FINAL MORE MEAT

1984年、迫りくる脅威を想定し、ニュー電(電力会社)は抑止力と軍事力の強化のために、極秘にロボットの開発を始めた。

 

開発は数年間にも及び、何兆円もの予算が注ぎ込まれた。

 

当時の最高技術で開発されたロボットは、実験テストにおいて地球にパンチをしたところ、地球にヒビが入ったため、極秘に使用を規制する法律が作られるなど、核爆弾に匹敵するあまりの破壊力に、開発者達は恐れながらも新たな科学の境地に興奮していた。

 

しかし完成間近だったロボット開発は、突如ある事件がきっかけで開発が中止となった。

 

 

その後、数十年が経ち誰もがロボット開発の事を忘れていった。時は流れ、ドクターKはアイアンミートを開発し、ネオジャパンと共に新たに誕生した脅威と戦っていた。

力は凄いがインテルが入ってないアイアンミートは助っ人として意外と使えない事が判明し、ネオジャパン一行は常にギリギリの所で戦っていた。

過去にニュー電でロボット開発のチームリーダーをしていたドクターKは、ロボット開発の事を思い出し、ニュー電の元研究施設があった富山県の冠水公園に行き、地下に封印されていたロボットを発見する。

ドクターKは、当時の最高技術によって開発されたロボットをさらに改良し、ファイナルモアミートが誕生する。

アイアンミートは、ファイナルモアミートの技術をベースに開発されているため、ファイナルモアミートとシンクロする事が可能となっており、より強力な力を発揮する事ができる。

In the year 1984, NEW-DEN, a power plant company, secretly started the development of a robot to strengthen the deterrent power and military power, against the fear of the looming threat.

 

The development took many years and trillions of yen used.

 

Developed with the highest technologies of that time, the robot was so strong that it punched a little crack on the surface of the earth during experimental trial.

Laws had to be secretly enacted to regulate it's use.

The developers welcomed with awe and excitement this new realm of science that compared to the destructive power of a nuclear bomb.

 

However, just as completion was around the corner, an accident suddenly suspended the development.

 

 

A few decades passed, and everyone had forgotten about the robot's development.

Time passed.

Doctor K developed IRON MEAT, and IRON MEAT fought alongside with NEO JAPAN against the new threats.Now, IRON MEAT was strong…but with intel "not" inside, it became rather clear that IRON MEAT was not so useful as an ally, and NEO JAPAN and his party always barely won their battles.

Doctor K recalled that he had developed a robot in the past.

He was infact the leader of the robot development team at NEW-DEN that was terminated.

He went to Kansui Park in Toyama prefecture where NEW-DEN's research facility was and found the robot, deeply sealed in the underground.

The robot, developed with the highest technologies at that time, was further improved.

FINAL MORE MEAT is born here.

IRON MEAT, developed based on the technology of FINAL MORE MEAT, is able to synchronise with FINAL MORE MEAT, giving it more power.

 

RESTOREソフビ最新作は最大級!

 

ファイナルモアミート

 

ビッグに登場した彼をワンダーフェスティバル2017冬にて先行販売いたします!

 

その高さは約35cm!!まさに1体1体がワンオフ作品のような作りがいでございますっ!!

 

イベント限定価格50,000円となっております。

*数に限りがございますので予めご了承ください

*少量ではございますが後日抽選販売を予定しております

 

卓番号は4-20-06となっております!

なお、販売の詳細につきましては後日お知らせいたします。

 

 

さらに、驚愕のギミックが・・・!!

ご期待くださいっっ!!

 

 

RESTORE new SOFUBI is the biggest!

FINAL MORE MEAT

We will Pre-sale him who appeared in Big in the Wonder Festival 2017 winter!

Its height is about 35cm! Just made like a one-off work!

Event price 50,000yen.

* Please note that the number is limited, and after we will lottery sale

Booth 4-20-06!

In addition, we will inform you of the details of sale at a later date.

And more, it has a startling gimmick...!

Please look forward to next time!!

ページの先頭へ戻る