ペイントコンテスト応募作品 No.30

ペイントコンテスト応募作品公開!

 

いよいよ30番目の作品のご紹介をいたしますっ!

新たなクリーチャーの誕生です!

 

全ての作品はエントリーギャラリーからご覧ください。

なお、グランプリの発表は全ての作品をご紹介でき次第を予定しております。

 

PAINTING CONTEST Entries!

Today, Entry No.30!! Newborn New Creature!!

All works update ENTRY GALLERY!!

The Grand Prix announcement after the end of introduce of all!!

[Entry No.30] フクシマアトミックアイアンミートサイボーグ / Fukushima Atomic Iron Meat Cyborg

名前 / Name  Bob Conge / Plaseebo
 地域 / Area  アメリカ ニューヨーク スプリングウォーター / Springwater New York, USA
作品タイトル / Title

フクシマアトミックアイアンミートサイボーグ

/ Fukushima Atomic Iron Meat Cyborg

コンセプト / Concept

2011年3月11日の地震の際に福島第一原子力発電所で、労働者が使用済み核燃料プールの中に落ち、彼の体は崩壊熱や放射線被曝により分子構造が総拡大しました。3月12日に1号機の加熱により発生した最初の爆発の時、放射線が強力な原子炉の深い場所で、彼の体は融心コンクリートとガラスの破片により、新しいクリーチャーとして起爆装置となりました。2011年3月22日の夜、輝き、拍動、18フィート(5.4m)の高さのフクシマ原発アイアンミートサイボーグは4号機を囲む水素雲の外へとゆっくり歩き出した。彼は災害や壊滅的な火災、有毒ガスの影響によって生み出された。そして、彼は昼も夜も日本の人々の制御をもたらすために働いた。

/ Backstory:During the earthquake on March 11th, 2011 at the Fukushima Nuclear Power Plant, a worker had fallen into the spent fuel pool and was exposed to the decay heat and radiation which caused a gross expansion in the molecular structure of his body. When the first  explosion occurred in the overheated Unit #1 on March 12th, his body became fuzed with molten concrete and shards of glass, as the intense radiation created a reactor deep within the newborn creature. On the night of March 22nd, 2011 the glowing, pulsating, eighteen foot tall Fukushima Atomic Iron Meat Cyborg slowly walked out of the steaming Hydrogen clouds surrounding Reactor #4. He had been created by the disaster and was immune to the devastating fire, radiation and toxic gasses. So, he worked day and night to bring the accident site under control for the people of Japan.

コメント / Comment

2つのLEDユニットと光るペイントです1つ目の動きは色が変換する動作で、体の表面にガラスの破片を照らし出すよう内部に搭載しました。2つ目は、3色に光るミニランプユニットを頭の下に取り付け、透明な脳のケースにいれ、21個の多機能リモコンと13個の選べる色、ジャンプと明暗2つのモードを選べます。塗装は手塗りです。塗料はモンスターカラーを使い、コンクリートのように見える私自身の新しい技法で仕上げました。

/ The figure has 2 LED units for painting with light:One motion activated color-changing unit mounted inside the body that illuminates the glass shards in the surface of the body.And one 3-LED multicolor mini lamp unit, mounted in the head beneath the clear brain case, that comes with a with a 21 key multi-function remote controller with 13 selectable colors and 2 different modes: jump / fade. The figure is also hand painted:Painted with Monster Kolor paints using my new spray stipple technique to look like melted concrete.

ホームページ / SNS   http://www.plaseebo.net/news/news/

RESTORE コメント

From RESTORE

 日本の現代社会が抱える大きな問題をテーマにした作品となっております!!地球規模の環境問題と社会問題を題材にする事で、作品を通して色々と考えさせられる作品と仕上がっておりますっ。一連の問題で生まれた新たなクリーチャー「フクシマ原発アイアンミートサイボーグ」は、まさに今を生きる我々自身と言えるのではないでしょうかっ!!そして今、我々ができる事は何か、やらなければいけない事は何かを問う、前向きなメッセージ性の強い作品となっておりますっ!!!!LEDを内蔵して、全身が光るなど、発光具合を完璧に調整してあり、発光の色までコントロールできる仕様に敬礼!!!!全身にデザインされた模様になにか原子の力を感じずにはいられません‥!!!

/ This work of theme was a big problem to the theme of modern society of Japan faced!!By the theme of global environmental issues and social issues, it is the work of thought-provoking a lot.It was born in these issues new creature "Fukushima Atomic Iron Meat Cyborg" exactly living today our own! !And now, something you can, ask what we need to do?? create it a strong piece of positive message!!!!A built-in LED, whole body lighted, adjust the light emitting condition, specification which can control up to the light-emitting color is awesome!!!!Not something help but feel the power of the atom to the designed pattern to the whole body! ! !Designed pattern on the whole body to feel the power of the atomic!!!

ページの先頭へ戻る